ページ内を移動するためのリンクです

テクノセンター

テクノセンター

グループ会社を含むアサヒホールディングス全体の技術を統括する組織として、研究開発、分析、設備設計、製造、品質保証などの部門があります。これら技術部門はテクノセンターに集約されています。各部門のスタッフが交流し、さまざまな情報をもとに「金属資源リサイクル」や「産業廃棄物の処理・再資源化」などに向け、市場ニーズに対応した新プロセスの開発ならびに技術の向上に日々取り組んでいます。また、高性能の分析機器を活用し、お客様ならびに社内の分析ニーズに迅速に対応しています。
さらに、テクノセンターは、計量証明事業所として登録され、品質管理の国際規格ISO9001と環境マネジメントの国際規格ISO14001の認証を取得しています。
若手社員の比率が高く、エネルギーあふれる、活気に満ちた部門です。

研究開発

研究開発部門では、常に新しい知識を追求し、困難な課題や高い目標をクリアすることに挑戦しています。基礎研究だけでなく応用・実用化に重点を置いて、各事業部門とも密接に連携しながら、事業の“川上から川下まで”をカバーしています。また、各工場における技術改善に向け、幅広い技術サポートにも努めています。

貴金属・レアメタルのリサイクル技術

発電子基板→金1kgバー

電子材料や歯科材料のように複雑な組成を持つ原料や貴金属を微量含有している原料・廃棄物から、貴金属・レアメタルを分離・回収・精製する技術の開発に取り組んでいます。

貴金属の成形加工技術

高純度貴金属や合金の成形条件・加工条件を最適化し、市場ニーズに応じた製品の開発に取り組んでいます。

産業廃棄物の処理ならびにリサイクル技術

廃ガラス瓶→ガラスカレット

産業廃液に含まれる有害物質の除去ならびに無害化処理に必要な技術や、産業廃棄物を有効利用するための再資源化技術の開発に取り組んでいます。

技術の応用・展開

当社の電気分解技術を活かして「除菌」「消臭」作用のある「中性電解水」を開発し、医療機関を中心に利用が進んでいます。

分析

分析部門では、長年培ってきた確かな分析技術で、当社の多岐にわたる事業活動を支援しています。
各工場の分析部門や各技術部門と密接に連携し、原料から製品までの貴金属品位分析や環境規制物質分析、研究開発の分析支援を行うとともに、新しい分析技術の開発など、全社の分析技術をリードする重要な役割を果たしています。

計量証明事業

CODの分析

テクノセンターは計量証明事業所として、多くの環境計量士が在籍しています。社内外の事業所から発生する廃水中の油分量や窒素、リン、COD(化学的酸素要求量)、および土壌中の重金属量など環境基準が定められている項目の測定を行っています。長年に亘り培ってきた高い分析技術力で、お客様のご要望に迅速にお応えし、環境保全に必要な分析情報を提供しています。

貴金属・レアメタルの純度分析

製品分析工程

当社で製造・販売しているすべての貴金属・レアメタル製品は、その純度が明記されています。分析部門では、品質管理の一環として保有する高度な分析技術を用いて出荷製品の純度分析を行っています。なお、LBMA、LPPM、東京工業品取引所の認定も取得し、当社の分析技術の高さは広く認められています。

貴金属分析技術の開発

乾式分析工程

当社では多種多様な入荷原料中に含まれる貴金属をリサイクルしています。公正な取引を行うためには、入荷原料中の貴金属含有量を迅速かつ高精度に分析することが求められます。日々変わっていく市場ニーズに対応するため、世界最高レベルの貴金属分析技術の開発にも取組んでいます。

主要分析機器

  • ICP発光分光分析装置(ICP-OES)
  • ICP質量分析装置(ICP-MS)
  • 波長分散型蛍光X線分析装置(WDXRF)
  • エネルギー分散型蛍光X線分析装置(EDXRF)
  • X線回折装置(XRD)
  • ガスクロマトグラフ質量分析装置(GC-MS)
  • 走査型電子顕微鏡(SEM-EDS)
  • イオンクロマトグラフ
  • フレーム原子吸光光度計
  • フーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)
  • 紫外可視分光光度計
  • 連続流れ分析(CFA)オートアナライザー
  • 炭素/窒素分析装置
  • 酸素/硫黄分析装置
  • ハロゲン/硫黄分析装置

設備設計・エンジニアリング

機械・化学工学・電気などの技術分野を中心とした設備設計のエキスパートが集結している部門です。技術ニーズに応えることを最優先に考え、国内外のグループ工場における設備だけではなく、お客様の施設における貴金属回収設備の設計・製作・施工に至るまで行っています。また、設備導入後は、安全かつ安定な操業が行えるように設備管理面での技術支援にも力を入れています。

プラントエンジニアリング

海外工場 / 国内工場

貴金属・レアメタルの回収・精製や産業廃棄物処理などの各種プラントエンジニアリング業務(EPC)を行っています。研究開発部門・営業部門・各工場と連携しながら、国内はもとより、中国、韓国といった海外グループ会社へも社内ノウハウを活かした最適な技術提供を行っています。また、HAZOPを用いた安全性評価を全設備に対して実施し、安全性の向上にも日々努めています。

既存設備のメンテナンス

メンテナンス風景

既存設備を適切に管理し、メンテナンスや修繕を定期的に実施することで、不具合の発生を防止し、また、製造コストの低減と共に、環境保全や省エネを図っています。各工場・設備メーカーと連携し、迅速な対応により安全性・生産性の確保に努めています。

貴金属回収装置の製作・アフターサービス

ZIPANG→回収された金

独自開発の電気分解式貴金属回収装置「ZIPANG」・「PLATA」を用いた、メッキ廃液からの貴金属リサイクルシステムを提案しています。廃液の分析から、システムの提案、装置据付、維持管理まで一貫して対応し、お客様のニーズと信頼にお応えしています。

施設・機器の紹介

テクノセンターでは、環境・安全に配慮した施設設計を随所に施しています。

太陽光発電ルーフ

排ガス処理施設

センター内の照明消費電力をまかなう太陽光発電システム

環境保全を確実に行うための各種排ガス処理設備

排水再利用設備

バリアフリー設計

センター内の生活排水を中水として循環利用する排水処理システム

人間工学に基づき、利用する人の行動や体の変化を配慮した極め細やかな建築仕様

氷蓄熱空調設備

省エネ照明設備

深夜電力を利用して夜間に製氷し、昼間の空調電力の削減を図っています。

LED照明や高反射率の蛍光灯カバーを採用し、照明電力の削減に努めています。

ページの終わりです